熊本・海路で生まれた海苔
トップページ熊本・海路で生まれた海苔

熊本・海路で生まれた海苔

熊本市海路口(うじぐち)町。
有明海が目の前に広がるこの街に、通宝海苔の工場があります。
豊かな食感の海苔は、10年以上の経験を積んだ当社職人が「味」「香り」「食感」「くちどけ」「色」にこだわり、厳しい基準に合格した海苔だけを使用していますので海苔の風味が引き立っています。

ブログ通宝海苔通信

味へのこだわり

工場の朝は、「香味匠(こうみしょう)」と呼ばれる出汁の仕込み作業からはじまります。

大釜の中でじっくりと炊き上げられているのは鹿児島産の鰹節、大分産のえび、長崎産のあご(飛魚)、北海道産の昆布、熊本産の椎茸、長崎産のいりこ。 いずれも有名産地から取り寄せられた厳選素材です。
もちろん、食品添加物は無使用。その風味豊かな香味匠は、通宝海苔が提供する さまざまな食品の味の根底を支える出汁となることから、この味づくりに妥協はありません。

ブログ通宝海苔通信

厳選されたこだわりの素材を使い、
常に「安心・安全・美味しい味作り」を。

商品づくりへのこだわりを胸に秘め、
皆様が食卓で「おいしいね!」と召し上がってくださる
様子を思い描きながら心を込めて作っています。
50年後も、100年後も、皆様に愛され続ける通宝であるために、
「美味の追求」と「安心・安全な食の提供」に力を注ぎ続けています。